読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワンゲル部の記録長さん

山ですぐバテちゃう記録長さんの日記

k2 coomback シェイクダウン

スキーネタが続きますが、先日購入した板=k2  coomback(クンバック)102で早く滑ってみたくて1人で谷川岳の天神平スキー場に行ってきました。板的には登山コースから逸れるバックカントリーコースに行ってくれって感じでしょうが、新しく所有者になった僕が下手っぴだからしょうがない…まずはゲレンデ内のコースで練習しました。f:id:uccari8:20170305234153j:image美しい谷川岳の双耳峰f:id:uccari8:20170305234217j:image雪質はやや湿雪。日曜日ですが予想どおり空いていました。2年前の2月にも谷川岳のトマオキ狙いで登山した事があったのですが、その時も空いていました。f:id:uccari8:20170305235643j:image(2015年2月の時の登山道から見た様子=雪多かったなー。)

 

ここは営業期間が長くオフシーズンの方が注目度が高いです。オンシーズンはちょっと寂しい感じですね。穴場です。

ボードの大会やっていて、そこだけは賑わっていました。f:id:uccari8:20170305234608j:image上級者コースは結構斜度あります。フリーライド系の太い板は初めてなので、中級者の斜面で練習してました。自分は20年前の旧世代スキーヤーの為、カービングターンとやらをやるためにガッツリ板を踏み込む練習をしました。

あまり詳しい事は分かりませんが、今まで真っ直ぐ立って谷側を向き板をズラしながら外傾を意識して滑っていたと思っていました。しかしカービングターンというやつはむしろ内傾?内倒?というような姿勢をとり、板は揃えず、しっかり踏んであげて板の接雪面を増やしてあげながらグリグリ曲がっていく感じなんですかね。

圧雪の中斜面は、それで何となく分かるのですが、コブとかどうするんだろう??今度一緒に行く師匠に聞いてみるとしましょう。

 

下山コースは、田尻沢コースというのがあり、ロープウェイの山麓駅までスキーで降りられます。標高が下がるにつれて湿雪の湿っぽさが酷くなってベチョベチョ状態になります。f:id:uccari8:20170305235250j:image上の方は狭いクネクネ道。下は沢なので自然にパイプチックになっており、ボーダーの方々がピョンピョン飛んでいました。上手いなぁ。

練習あるのみですね。来週もスキーに行ってきます。