ワンゲル部の記録長さん

山ですぐバテちゃう記録長さんの日記

語り尽くされている感はありますが、改めてクロスバイクをイジろうと思うとそれなりの覚悟がいると思った件

Bianchi CIECOですが、先日うっかり落車した際にフラットハンドルのグリップを少しだけ削ってしまいました。

f:id:uccari8:20180602182316j:image

ハンドルごと変えちゃおうかな…

 

確かこれを5年前に新車で買った時、ドロップハンドルなど仰々しいのはやめてシンプルなフラットハンドルにしようと思ったのを思い出しました。そもそもクロスバイクだとかロードバイクだとかの区別も知らずに買った自転車です。

しかしながら人の気持ちは変わるもので、あれから月日も流れ、逆にドロップハンドル化したいと思うようになりました。そこでクロス→ロード化を目論んだ諸先輩方のその闘争日記を読みあさった結果、

 

やめよう…一部の方もおっしゃる通り新しい専用設計されたロード完成車を買った方がいい。。

 

との結論に至りました。

 

f:id:uccari8:20180602195039j:image

これは、語り尽くされた内容かと思いますが、まぁドロハン化しようとすると

 

1. 最終的にシマノSTIシフトが欲しくなるだろうから、他の選択肢は最初っから切り捨てる

2. 今が3×8sなので、必然的にClaris 2403が欲しくなる

3.フロント3速などロードっぽくない数少ない2403の中古を高値で買うくらいならケーブルがすっきりする新型r2030 の新品を買った方が良いと考える

4. フロントディラーも同様にr2030に変える事になる

5. クロスバイク故に必要なVブレーキは80mmのミニVブレーキに変更しなければSTIを使えない(シマノは推奨していない使い方ですが)

6. タイヤリリースの為にケーブルアジャスター関連が必要になる

7. 工具やメンテナンスブックが必要になる

8. ステムやドロップハンドル、バーテープ、アウターケーブルなどせっかくだから拘っちゃう

 

なんて、やってるとあっという間に3万円オーバーです。

で、ちぐはぐなコンポーネントを上位グレードに合わせたいとか、タイヤ変えたいとか、そもそもフレームがフロントフォークがギア比が…なんて言い出すとキリが無く、あっという間に10万円コースとなり、ならば洗練された完成車がよく見えてきてしまいます、、という感じです。(更にハマると、ここからウン十万円とかけていく事になるのでしょうね、、)

 

ここに陥った方、数多くいらっしゃると思います。

 

勿論、自らの愛車をとことんまで拘ってイジり倒すというのもカッコイイ考え方だと思います。でも山とスキーを優先してしまう自分には “今は” 無理でした。。

 

という事で今回はシンプルなブルホーン(スタンダード型)にする事にしました。

現在のブレーキレバーや、意外に使いやすいラピッドファイアというシフターをそのまま再利用します。

f:id:uccari8:20180602201354j:image

そしてなによりも、これなら4千円程度で仕上げる事が出来ます。また効きの良いVブレーキをそのままにできるし、前方の角のようなグリップを握って前傾姿勢になっても指がブレーキレバーに届くので安全な感じです。見た目はイマイチですが、拘ろうと思うと前述の堂々巡りになりますので笑。

 

f:id:uccari8:20180602204258j:image

さぁ、フラットハンドルを外します。ステムは写真の通りコラムを引き上げる2mm程度の余裕があります。新しいステムも同じくらいの幅のものにします。今回あまり前傾姿勢をキツくしないようにするためステムの長さが短めの60mmにしました。その他スペックは

・コラム径28.6mm

・クランプ径25.4mm

・±7°

です。ハンドルは410mmで、

・クランプ径25.4mm

・バー径22.2mm

と、今のフラットハンドルと同じ太さにしました。

f:id:uccari8:20180602210001j:image

あとはバーテープを巻いて出来上がり。因みにバーテープを安物のチェレステに拘ったあまりに材質が選べず、なんかイメージと違う物でした。これも学びっすね。

f:id:uccari8:20180602210235j:image

あっという間に完成。手抜きですが、暫くこれで乗ります。

f:id:uccari8:20180602210312j:image

フニッシュテープというバーテープを巻き終わった後の端を綺麗にとめるテープがあるのを知りませんでした。なのでベタつかない布テープみたいなのでとめてからグリップについていたBianchiのロゴ入り金具を付けてみました。

 

多分、次のチャリを買うなコレ。。 (おわり)

反復性肩関節脱臼の根治に向け手術しました【番外編】

昨年6月に肩関節の手術をしてから約1年が経過しました。問題となっていた関節窩の脱臼ルートを上腕二頭筋短頭で塞き止めるというガンプラ魔改造バリの手術を行ったことで、この1年間一度も脱臼をせずにすみました!(素晴らしい)特に年明け1月からは痛みなどもすべて消え、完全に安心しきっていました。

 

ただ、患部の固定に使った2本のチタンボルトの内1本が手術から僅か2ヶ月後にスポッと抜け落ち(過去記事)た訳ですが、今回なんと残りの1本までもが抜けてしまいました…涙。先週末の出来事です。。

f:id:uccari8:20180601231754j:image

今日撮ってきたレントゲン写真です。分かりづらいですが2本ともワッシャーが緩んでいるように見えると思います。前回はまだ骨と骨がくっ付いていない時だっただけに切実な感じになっちゃいましたが、まぁ今回はそもそも移植した骨自体が体内に吸収されて無くなっているところにあるボルトですので、固定用という感じでは無いようです。

でもちょっと痛むんですよね…弱い筋肉痛というか、ツル感じというか。あの辛かった昨年8月~12月の4~5か月を思わず思い出してしまいました。

 

そもそもどんなシチュエーションでこうなったかというと、色々な要素が絡んでおりまして、、

1 まず久々に乗ったクロスバイクで歩道の段差を乗り上げる時に落車し左肩を強打。あれ?やべ、肩ぶつけちゃったかな?って感じでした。

2 翌日、登山で丹沢のバリエーションルートに出掛け、クライミング状態でロープにぶら下がっている時に足場が崩れて、腕をビーンって伸びてしまいました。その際、上腕骨の骨頭を塞き止めている上腕二頭筋短頭が、ハンモックのごとくビヨ~ンって押されているのを感じました。で、この時に「パーン」って音立ててボルトが抜けました。。

1でアシストして、2でゴール決めた感じっすかね。手術した肩は押される衝撃には強くなりましたが、腕が引っ張られる方向には弱いのでしょうね。

お世話になっている整形の先生からも肩がだいぶ弛緩したって言われました。伸びきったゴムみたいな感じなんですかね?ボルトはもはや関係ない状態なのでしょうが筋の弛緩はまずいっすね。こうなると後は、伸びた筋が癒えて戻るのを待つと共に、筋肉を鍛えるしかないそうです。。

 

とりあえず、またMRI撮りました。再来週にその評価が出ます。大したことじゃなければいいけれども。。やっぱ体重オーバーは悪ですね。

 

Bianchi CIELO 2013モデルを駐輪場から救出する

今週末は仕事の予定でしたが、その大半が延期になり、中途半端な週末となりそうです。

最近無料の漫画アプリで読み始めた渡辺航先生の「弱虫ペダル」をゴロゴロしながら眺めてて、ふと

「あれ?確かオレ自転車持ってたよなぁ…」

とか思い、2年振り位で駐輪場に見に行ってみることにしました。

f:id:uccari8:20180525081627j:image

王道中の王道ですが、チェレステカラーがポイントのBianchi (ビアンキ)の、CIELO 2013モデルです。

漫画みたいにドロップハンドルのロードバイクを颯爽と乗ってみたいと思いながらもいつもの遊び仲間さんからは

「デブにスリムデニムが似合わないのと同じ」

とうまい例えを言われ、早々に諦めました。なので、おデブな自分はこの駐輪場に埋もれていたクロスバイク(の中でもややマウンテンバイク寄り?)というジャンルの「CIELO」を復活させて、せいぜいダイエット目的のポタリングと洒落込もうと思います。

f:id:uccari8:20180525082656j:image

ところで、CIELOって、なんて読むんだろう…シエロ?チェーロ?ウェブで調べても両方出てくるし、響きも近いのでどっちでもいいって事ですかね??そういえば高校の友達の小山くんの事をコヤマかオヤマか分からなく「・ヤマ〜」って呼んでた奴がいたけど、3年間それで本人には伝わっていたというどうでも良い記憶が蘇りました。。(よし「・ェ〜ロ」と呼ぼう…)

f:id:uccari8:20180525083924j:image

で、早速汚れを落としたりとメンテナンスに取り掛かりました。今回サドルを変えてみる事にしました。Amazonで2,000円ちょっとです。いつもお尻が痛くなっていたのでクッションの柔らかいやつに変えました。上が純正ですが、やっぱり洗練されているなぁ。下の汎用品はチェレステというより水色に近いし。

f:id:uccari8:20180525084732j:image

あと空気入れるところについているキャップも変えました。最初についていたのはプラスチックの物ですぐ割れちゃったし。。

f:id:uccari8:20180525085031j:image

コンポはシマノのaltusとかいうマウンテンバイク用の入門グレードのものが付いています。スプロケもまだまだ磨耗もせず(そりゃ乗って無いんだから…)ピカピカ。チェーンも適当にバイク用のチェーンルブを使っちゃいました。よくOリングにバイク用は向かないなどの記事を読みますがたぶん大丈夫でしょう。耐久性もありそうですし。

f:id:uccari8:20180525182928j:image

取り敢えずメンテ終了。うーん、やっぱりマウンテンバイクライクなクロスバイクだ。フロントサスペンションが付いているけれど、一度もまともにメンテしてないなぁ。。

チャリンコ屋さんにちゃんとメンテナンスにだそうかな?それで何とか楽しいチャリライフを送りつつ、気づいたら痩せてたっていうのが理想なんですがぁ〜笑。

 

梅雨入りする前に東丹沢へギンリョウソウを見に行く

高校ワンゲル時代同期の部長と再び丹沢のバリエーションルートを歩いてきました。と言っても今回は、昼過ぎより天気が崩れるとの予報であった為、コースは短めです。

f:id:uccari8:20180513204458j:plain

お目当ては、ギンリョウソウ(銀竜草)の群生です。部長が2週間前に偶然に花が咲く前のギンリョウソウの蕾?を見つけ、そろそろ頃合いでは無いか?との事で声をかけてもらった感じです。

今回歩いたところは、宮ケ瀬ダムからヤビツ峠方面に向かい塩水橋のゲート(450m)から本谷林道を経て寿岳(三角沢の頭)(1,331m)へ至るコースになります。

f:id:uccari8:20180513205134j:plain

本谷林道終点のキュウハ沢出合から山道に入ります。山道は単調な急登が続きます。

f:id:uccari8:20180513205843j:plain

ところで、この時期の東丹沢といえばヤマビル…だいぶビビりながらヤマビルファイター(忌避剤)にヤマビルファイタージェット(殺ヒル剤)を用意していったものの、1匹も見かけませんでした。。セーフ。

 

登山道に入ってすぐにギンリョウソウはありました!!

f:id:uccari8:20180513205955j:plain

おぉ。白い。

f:id:uccari8:20180513210043j:plain登山道のところどころに点在してひっそりと咲いているではないか。群生というには広範囲に点在しすぎですが、、意外にすぐに見つかり、少々拍子抜け!?

f:id:uccari8:20180513210217j:plain

目玉のおやじ風な姿がキモかわいい笑。

白いだけに光合成はしないだろうなとは思っていましたが、こいつは一体何を栄養としているのだろうか?という事でWikiで調べたところ、

「周囲の樹木と外菌根を形成して共生する菌類とモノトロポイド菌根を形成し、そこから栄養を得て生活する。」(ギンリョウソウ - Wikipedia)とあります。よく分からないですが、こういうのを腐生植物というらしいです。

f:id:uccari8:20180513210841j:plain

ニョキニョキ伸びる前の状態。タマゴみたいです。

f:id:uccari8:20180513210949j:plain

茎が伸び始めてきたところです。不思議な植物ですね。

f:id:uccari8:20180513211126j:plain

別名「ユウレイタケ」だそうです。

f:id:uccari8:20180513211857j:plain

f:id:uccari8:20180513214150j:plain

高度を増していくと、次第にギンリョウソウは見られなくなりました。代わってツツジが咲き乱れていました。(トウゴクミツバツツジ?良くわからないですが綺麗です。。)

f:id:uccari8:20180513211931j:plain

ゆっくり歩いて3時間ほどで山頂です。山頂からの眺望はありません。ブナでしょうか?緑が気持ち良いです。

f:id:uccari8:20180513214109j:plain

ちょっと奥の方(日高<ひったか>)方面に行くと少し開けます。こちら側から見る塔ノ岳はなんだか荒々しい感じでかっこよいですね。

f:id:uccari8:20180513213325j:plain

雲がゆっくり降りてきています。風も強まってきて、こりゃ降るなって感じになってきました。できれば丹沢山から天王寺尾根経由で周回したかったのですが、雨が降る前に退散ということで来た道をそのまま降りることにしました。

f:id:uccari8:20180513213606j:plain

帰りは1時間ほどでキュウハ沢まで降りて来てしまいました。何とか雨の降る前に下山できました。

今回、たくさんのギンリョウソウを拝む事ができ大変満足な山旅でした。

ゴールデンウィーク後半は乗鞍岳BCツアーに参加

1月にお世話になった乗鞍岳BCのガイドさん「リトルピークスのPJミネちゃん」にGWのツアーをお願いしたところ、今年は雪不足で早めに来た方が良いとのこと。なので平日でしたが5月2日に参加する事にしました。

今回も初心者ツアーに参加です。メンバーは初めましての2名の方と山師匠と自分の合計4名です。ミネちゃんのガイドでは、いつも初めに必ず確認する事として、

「ガイドは最善を尽くすものの山は自己責任で‼︎」

という事が挙げられます。山をやっておられる方にとっては当然の事かと思いますが、中には“ガイドがいるのだから全責任はガイドにとってもらえば?”的な事をおっしゃる方も居るので、ココ重要なところだと思いました。

f:id:uccari8:20180506132251j:image

三本滝レストハウスからバス(片道1,250円)で20分ほど揺られながら位ヶ原山荘(2,350m)まで行く事ができます。楽ちーん♪ただ、天気はどよ~ん。。なんせ明日から嵐の予報です。

さー、ここからハイク開始です。

f:id:uccari8:20180506142712j:image

しばらく行くと急登が現れます。超ザラメ状態で、油断するとすぐにズリ落ちちゃいます。ガイドのミネちゃん曰く「土下座姿勢」で滑り落ちる感じなのですが、自分は4回もズリ落ちてしまいました。

f:id:uccari8:20180506143223j:image

木立も少なくなり見晴らしが良くなってきました。

f:id:uccari8:20180506143300j:image

しかし、だいぶ暗雲がたちこめてきました…天気持つかなー?ようやく「屋根板」と呼ばれる平らな所に到着です。

f:id:uccari8:20180506143644j:image

雪崩講習会で習ったのですが、こういった平らな所から滑っていてエクスタシーを感じる38°斜面(サーティーエイトと呼んでました。)に変わるところこそ雪崩が起きやすいそうです。一気に滑り込みたい気持ちを抑えて一旦停止で確認する事が必要だそうです。

f:id:uccari8:20180506144043j:image

そして上部には「スフィンクス」と呼ばれる斜面です。斜度45°だそうで後にここを滑りました。真ん中付近にグライドクラックというそうですが、クラックが入っています。

f:id:uccari8:20180506144306j:image

f:id:uccari8:20180506144333j:image

最後、「滑り台」と呼ばれる斜面を登り摩利支天岳の山頂直下を目指します。風が強まり耐風姿勢を取りたいのですが、スキーを履いていると難しいですね。

f:id:uccari8:20180506144424j:image

摩利支天岳まであと一歩。ハイマツ帯の陰で風が少し弱まりましたのでここで小休止です。

f:id:uccari8:20180506144631j:image

槍穂が見えます。

f:id:uccari8:20180506144707j:image

乗鞍岳剣ヶ峰方面です。今年は雪が少ない分、返って剣ヶ峰のような高所での雪質は最高に良かったそうです。上が良い雪質であれば下が解けて、下にもたっぷりの雪の時は、上はガリガリに雪があり、、となかなか難しいのですね。

f:id:uccari8:20180506144810j:image

ようやく摩利支天岳直下まで来ました。2,850m付近です。コロナ観測ドームが見えます。

f:id:uccari8:20180506144853j:image

富士見岳方面。右に見える斜面は急斜面ですが滑っている人がいました。凄いな~。

f:id:uccari8:20180506144944j:image

左に目を向け、火口とその向かいの不動岳です。乗鞍は山頂付近がカルデラ形状のため外輪山が多く、滑りたい斜面がたくさんあります。

f:id:uccari8:20180506150304j:image

天気の心配もあるので、早々にドロップインします。標高2,850mから三本滝レストハウスのある1,800m付近まで標高差約1,000mを滑り降ります。これは気合が入ります。ツアー参加のメンバーも次々に滑っていきます。みんな超上手いなぁ。

f:id:uccari8:20180506185632j:plain

一滑りして左側に逸れて先ほどの「スフィンクス」の斜面に向かいます。おぉ流石45°の斜面、吸い込まれそうです。

f:id:uccari8:20180506185741j:plain

「屋根板」あたりまで滑り降りてきて一安心です。そしていつもの事ですが、あっという間に樹林帯へ。。。

f:id:uccari8:20180506152613j:image

緩いコブ斜面が続きます。

f:id:uccari8:20180506152831j:image

雪がだいぶ無くなってきました。春がすぐそこまで来ています。でも雪がある限りまだまだ滑ります。右に見える細い雪の上を辿って向こう側へ行きます。笹の上ならギリギリ滑走OK!?(笑)2度ほど板を外して移動しましたが無事かもしかゲレンデトップへ。

f:id:uccari8:20180506190030j:plain

本当に最後です。最後の最後まで滑り切ります。(しつこくてすみません…)ラストランはカモシカゲレンデトップからスタート地点の三本滝レストハウスまで滑り降りますー、、、やーっと終わり。超ロングコースで最高に充実のツアーでした。途中雨がパラツキましたが天気も何とかもちました。

 来シーズンはぜひパウダーの時期にまた来たいですね。ミネちゃんその時はまたよろしくお願いします。それまでにもっと技術を磨かなくては。

ゴールデンウイーク前半、BCの聖地「立山」を滑る②

立山BCの最終日は、タンボ平を滑って黒部平まで行こうということになりました。途中、東一ノ越のトラバースもあり、WEBから諸先輩方の情報を何度も確認し、シミュレーションしてから臨みました。

f:id:uccari8:20180506084654j:plain

2度目の一ノ越までのハイクです。昨日より1時間早い7時にスタートしました。

この時間だと一ノ越直下の急登はまだガリガリに凍っており、持ってきたクトーが役立ちました。但し、ツボ足の跡もあるため板の置き位置によってはクトーはききませんので要注意です。

f:id:uccari8:20180506084950j:plain

少し身体が冷えたため山荘で少し休憩をとりました。

f:id:uccari8:20180506085217j:image

シールはよく見れば端が白く汚れています。おそらく昨日のミクリガ池辺りのハイクで硫黄による汚れが付着した為と思われます。(洗っても大して落ちませんでした。)

 

f:id:uccari8:20180506214331j:image

御山谷方面はもう雪解けが進んでおりダム付近の渡渉は困難とのことで黒部ダムへは抜けられないそうです。

f:id:uccari8:20180506090357j:plain

ですので、予定通り東一ノ越へトラバースしてタンボ平を滑ります。上の写真は、一ノ越から見た御山谷方面ですが、トラバースポイントは意外に近く、写真の左上になります。(夏道が見えています。)

f:id:uccari8:20180506091938p:plain

拡大するとこんな感じです。青がスキーで移動、緑が歩きで移動です。ピンクの丸のところは板一本通すのがやっとな感じですが露出している岩に注意すれば何とかいけます。

f:id:uccari8:20180506092559j:plain

実際に近づいたところ。斜度もそこそこあります。

f:id:uccari8:20180506092759j:plain

その後は、小さな雪渓のトラバースを4~5回ほど繰り返し越えながら1時間弱で東一ノ越に到着します。

f:id:uccari8:20180506092918j:plain

東一ノ越に到着しました。再びスキーを履いて、標高2,480mから黒部平1,830mまで標高差650mを滑り降ります。

f:id:uccari8:20180506093203j:plain

いよいよドロップイン!自分にとってはもの凄い斜度です。ひゃ~。

f:id:uccari8:20180506093331j:plain

画面中央の黒部平駅に向かって左から大きく回り込む感じで滑り込みます。立山ロープウェイが頭上を通るため下手クソな滑りはできませんが、早くも太ももがパンパンになり結果ヘロヘロに。。

f:id:uccari8:20180506093540j:plain

何とか滑り降りました。下半分は雨による縦溝がひどく一緒に行った山師匠さんも「舟を漕いでいるようだ」と表現しておりました。最後、黒部平駅まで4~5分登って終了です。

今回、初めて本格的な山岳エリアでBCにチャレンジしたわけですが、条件次第では何とかいけそうな実感を得ました。とはいえ雪山は危険がいっぱい潜んでいます。これからも経験を積んで楽しいBCライフを過ごせるよう頑張りたいです。

ゴールデンウイーク前半、BCの聖地「立山」を滑る①

2018年4月28日~30日、BCの聖地「立山」に行ってきました。

f:id:uccari8:20180501015604j:plain

今年は雪解けが早く雪も少なめでしたが、立山はまだまだ多くのスキーヤーとボーダーで賑わっていました。

写真は山崎カールの様子です。BC初級者である私の立山デビュー戦は、“いきなり雄山山頂からの滑降”…とはいけず、一ノ越から山崎カール方面へトラバースしてからの滑降となりました。それでも雷鳥沢までの約1.5km、最高のザラメに少し細めの板のZUMA eclipse(センター86mm)は良く走ってくれました。メーカーセンターから約5cmのセットバックもBCシーンではトップが踊りにくく良かったのではないかと自己解釈しています。

 

***

今回、扇沢からアルペンルートで室堂入りしました。時期も時期のため、なかなかに混雑していました。

f:id:uccari8:20180505001646j:plain

6時半くらいに扇沢を出て、臨時便やら何やらで2時間ほどで室堂に到着しました。アルペンルート便利ですねぇ。室堂に到着後、まずは予約してあった立山室堂山荘に向かいました。この宿は室堂から歩いてすぐのため、とても便利な場所にあります。

f:id:uccari8:20180501020244j:plain

ここは日本最古の山小屋と呼ばれていますが、中身は至って普通に今風な宿です。相部屋は細かく10畳前後の部屋に分かれており、乾燥室もお風呂も個室もあります。自分らは10畳の相部屋に2連泊しましたが、28日(土)は5人、29日(日)は7人と大混雑というほどでもなく割とゆとりがあり快適でした。

宿に荷物を預け、ウォーミングアップでさっそく宿の裏手にある室堂山方面の緩斜面をハイクしてみることにしました。天気最高で雪も緩み、滑り頃な感じです。

f:id:uccari8:20180501020132j:plain

斜度も緩めで距離も短く、また斜面も広いので、初めての立山滑走コースとしては最適な場所かと思います。

 

初日はこれでおしまいにしました。夕焼けと雄山から上がる満月が綺麗です。

f:id:uccari8:20180501021419j:plain

f:id:uccari8:20180501021506j:plain

 

2日目、8時過ぎから一ノ越へ登ってみることにしました。狙いは山崎カールのローソク岩の下部から雷鳥沢キャンプ場までのコースになります。朝は締まり気味の雪でしたがシールもよくききました。谷沿いのコースと浄土山に寄った側の斜面をトラバース気味に登っていくコースと2つのコースができていました。自分らは後者のコースを選びました。

f:id:uccari8:20180505094718j:plain

1時間半かかってようやく一ノ越です。最後の登りは急登でシールだけだとズリ落ちそうになりましたが何とか登り切りました。

f:id:uccari8:20180505100628j:plain

一ノ越に着いて振り返るとミクリガ池辺りの雪が硫黄で黄色く変色していました。

f:id:uccari8:20180506172136j:image

雄山方面はもう夏道です。

f:id:uccari8:20180505095403j:plain

画質悪いですが、雄山への登り口の左側から山崎カールまでトラバースします。

f:id:uccari8:20180505100220j:plain

途中クラックしている箇所がありましたが、そのちょい上をそのまま慎重に通過しました。そして山崎カールに到着!ローソク岩のだいぶ下のところに出ました。登り返す元気も残っていませんでしたのでここからドロップインです。10時頃でしたが、雪は既に緩んでいて滑りやすい状況でした。

f:id:uccari8:20180505101341j:plain

そして、あっという間に雷鳥沢のキャンプ場に着いてしまいました。

f:id:uccari8:20180505101910j:plain

滑ってきた全景を振り返ります。人もいなく広大なバーンは楽しかったなぁ。

このあとは室堂まで登り返しです。

f:id:uccari8:20180505102350j:plain

意外と急登な斜面をいくつか超えながら途中ライチョウの応援も頂き、1時間ほどで室堂山荘まで戻りました。

初めての立山BCはこのくらいでおなか一杯です。大好きな山とスキーの両方を堪能できるBCは最高に贅沢な遊びだと改めて感じました。体力も技術も無い自分ですが、もっと経験を積んで更なる斜面に挑戦したい…などとおこがましい事を思いながら、滑ってきた記憶を繰り返し思い出しニヤニヤしながら2日目を終えました。(最終日に続く