読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワンゲル部の記録長さん

山ですぐバテちゃう記録長さんの日記

再びかぐらへ

今シーズン2度目のかぐらスキー場です。

f:id:uccari8:20170318165733j:imageぴーかんです。

 

今回は午前中、五ロマ(第五ロマンスリフト)からのサイドカントリーコース(KG3)で和田小屋までと田代落ちで遊んできました。

※田代ゲレンデ方面へ抜ける事を「田代落ち」と呼ぶらしい。。ゲレンデが斜面に対し横方面に伸びているので、かぐらから抜けるとだいたいどこでも田代ゲレンデに出られるそうです。

※かぐら第一高速リフト降りて左に抜けるKG5のコースは今日は滑走禁止の標識が立っていました。

f:id:uccari8:20170318170039j:image

今週は、冬型の天気が続いた後の晴れなので少々湿っぽさはありましたがパウダー感を堪能できました。

f:id:uccari8:20170318170432j:imagef:id:uccari8:20170318170529j:image

ツリーランを楽しみました。

f:id:uccari8:20170318170621j:imageハイクしてからのバックカントリーさん達の聖地方面です。

せっかくツアービンディング付き板にしたので行ってみたい。

 

今回も宿泊は和田小屋にしました。

f:id:uccari8:20170318171112j:imagef:id:uccari8:20170318171138j:imageプロっぽい方が沢山宿泊されていますが、ファミリーや仲間内でもくつろげる山小屋です。

f:id:uccari8:20170318171349j:imageカーテンで区切られただけの空間ですが、立派に個室です。

 

夕方には、ハロ(日暈)が見られました。

f:id:uccari8:20170318171827j:image明日は雪かな?

 

追記

晩御飯です。美味しそう。

f:id:uccari8:20170318180140j:image

 

k2 coomback シェイクダウン

スキーネタが続きますが、先日購入した板=k2  coomback(クンバック)102で早く滑ってみたくて1人で谷川岳の天神平スキー場に行ってきました。板的には登山コースから逸れるバックカントリーコースに行ってくれって感じでしょうが、新しく所有者になった僕が下手っぴだからしょうがない…まずはゲレンデ内のコースで練習しました。f:id:uccari8:20170305234153j:image美しい谷川岳の双耳峰f:id:uccari8:20170305234217j:image雪質はやや湿雪。日曜日ですが予想どおり空いていました。2年前の2月にも谷川岳のトマオキ狙いで登山した事があったのですが、その時も空いていました。f:id:uccari8:20170305235643j:image(2015年2月の時の登山道から見た様子=雪多かったなー。)

 

ここは営業期間が長くオフシーズンの方が注目度が高いです。オンシーズンはちょっと寂しい感じですね。穴場です。

ボードの大会やっていて、そこだけは賑わっていました。f:id:uccari8:20170305234608j:image上級者コースは結構斜度あります。フリーライド系の太い板は初めてなので、中級者の斜面で練習してました。自分は20年前の旧世代スキーヤーの為、カービングターンとやらをやるためにガッツリ板を踏み込む練習をしました。

あまり詳しい事は分かりませんが、今まで真っ直ぐ立って谷側を向き板をズラしながら外傾を意識して滑っていたと思っていました。しかしカービングターンというやつはむしろ内傾?内倒?というような姿勢をとり、板は揃えず、しっかり踏んであげて板の接雪面を増やしてあげながらグリグリ曲がっていく感じなんですかね。

圧雪の中斜面は、それで何となく分かるのですが、コブとかどうするんだろう??今度一緒に行く師匠に聞いてみるとしましょう。

 

下山コースは、田尻沢コースというのがあり、ロープウェイの山麓駅までスキーで降りられます。標高が下がるにつれて湿雪の湿っぽさが酷くなってベチョベチョ状態になります。f:id:uccari8:20170305235250j:image上の方は狭いクネクネ道。下は沢なので自然にパイプチックになっており、ボーダーの方々がピョンピョン飛んでいました。上手いなぁ。

練習あるのみですね。来週もスキーに行ってきます。

 

パンフェス2017 ファンダブル リレーマラソンに出場しました、、

登山もスキーも脚を鍛えないとね!ということで、ランニングをしています(というか何年走っても恐ろしく遅い…)が、皇居ラン仲間から大会に出てみませんか?とのお誘いがあり、地元横浜赤レンガパークで3/4(土)に開催されましたこの大会に出場してみました。f:id:uccari8:20170305230310j:imageなかなかの人出です。ランニング人気は衰えませんね。f:id:uccari8:20170305230410j:image

ハーフの部に出ました。結果は6位!1時間34分50でした。5人で参加したのですが、自分を除く4人がメッチャ速いので半分より上のグループに入れました笑。f:id:uccari8:20170305230900j:image

1位とは5分以上の差がつきました。

因みにこれ、1人が1.2kmを交代で18周走るのですが毎回ダッシュになり心臓が飛び出そうなくらい苦しくなりました。1人で何周も走っているチームもありましたが、1回1週で十分って感じです。周りが速いとつられてペースが上がってしまうので余計辛かったです。

 

走り終わった後は野毛で打ち上げ。たぶんカロリー減らした分以上は摂取したな。ありがちですが。

ファンダフルのリレーマラソンはお手軽で楽しかったので、また出てみたいですね。

バックカントリースキー板がやってきた(K2 クンバック)

中古ですがバックカントリースキーの名機「K2 coomback(クンバック)102」 2012モデル 181cmを購入しました。5年落ちモデルっすね。

f:id:uccari8:20170301021212j:plain

サイズは135/102/121と中々の太さです。マーカーTour F12のツアービンディングがついています。クンバックの中古は結構出回っているようで2014や2015モデルなどの新しい物もあったのですが、比較的お安くマーカーのツアービンディング付きで探していてこちらに決めました。

f:id:uccari8:20170301022555j:plain

表側にスパルタンな小傷が付いているにも関わらずソール側はとても綺麗で、しかもエッジがすっごく磨いてあって前のオーナー様のすご腕&大切にされていたことが伺われます。誠に良いものを入手できました。感謝です。

 

最近タダで頂いたHEADのカービング板や昔のファンスキーと並べたところ。

f:id:uccari8:20170301023330j:plainやっぱ太いっす。形状はオールテレインロッカーというらしいです。前だけ反っているんです。普段は7割が接雪で頭の3割がロッカーだそうです。でもコーナーで踏むとビヨーンとしなって10割有効なエッジ長となる…ということらしいです。

(あんまり踏めないんだよなぁ自分。もっと修行しなくては。。)

デモ板のカチカチ、キレッキレさは無くなるでしょうが、パウダーでの抜群の浮力を存分に味わいながらも、そこそこ回していきたいという感じです。思ったより軽いし柔らかい感じなので良い感じです。

 

スキー20年弱のブランクは大きく、こんなに道具も変わってきているんだーととても関心しております。ブーツの衝動買いから始まり復活したスキー熱ですが、まだまだ続きそうです。

定番の入笠山スノーシュートレッキング

今回は箸休め企画。2月の最終土曜日に雪山初心者さん達と入笠山へスノーシュートレッキングに行って来ました。f:id:uccari8:20170227000952j:image朝の7時に横浜を出発し、朝ごはん食べたりしながらのんびり行きましたので登山口の富士見パノラマスキー場に着いたのが11時を回っていました。

週末という事で混雑しており第9駐車場というところに案内されました。そこから無料のシャトルバスに5分ほど乗るとスキー場に到着です。

道具は事前にレンタルしました。利用したのはこちらのお店。

そらのした:http://www.soranoshita.net/sp/

f:id:uccari8:20170227004429p:image(写真は同サイトより拝借しました。MSR http://www.soranoshita.net/item/item_0353.html )

MSRのカッチョいいスノーシューも1泊3,000円弱で借りられます。富士見パノラマスキー場でもブーツ込みで同じような値段帯で借りられますが、MSRのを試したいのと混雑回避のため事前レンタルとしました。

(因みにアトラスのスノーシューも借りたので履き比べてみたのですが、MSRの方がサイドにもギザギザが付いており断然歩きやすかったです。あとAmazonなどで安く売っているドッペルギャンガー(※写真参照)も数千円程度で買え安いのに全く問題無しです。歯の形状はアトラスのものとほぼ同じでした。)

f:id:uccari8:20170227011710p:image(アトラス:こちらも写真拝借 http://www.soranoshita.net/item/item_0401.html )f:id:uccari8:20170227012338j:image(ドッペルギャンガー 耐久性がイマイチですがコスパ最高)

 

12:20、山頂駅より出発です。5分ほど歩くとすぐに入笠湿原の斜面に出ます。

f:id:uccari8:20170227005916j:imageお尻に敷くタイプのソリで皆さん楽しんでいらっしゃいます。

2年ほど前になりますが、ウチの息子も同じ事してました。f:id:uccari8:20170227010051j:image(過去の写真)

 

f:id:uccari8:20170227001522j:image

入笠湿原を越えるとすぐにマナスル山荘に到着です。お昼時でしたので満席でした。V6の岡田くんの席に座ります。f:id:uccari8:20170227010226j:imageお向かいは嵐の櫻井くんの席になってました。f:id:uccari8:20170227010325j:image

f:id:uccari8:20170227001723j:imageカツカレーフルサイズ1300円です。定番のビーフシチューは売り切れでした。

 山荘からは少し斜度がキツくなります。4〜5歳くらいのお子ちゃまも可愛いスノーシューを履いて登っていました。

f:id:uccari8:20170227002847j:image山頂からは360°の展望です。正面に八ヶ岳連峰を一望できます。この日は風も無く天気も良く最高でしたが、強風の時は凄まじい風が吹くので注意が必要です。(山頂の雪は一部吹き飛んで地肌が見えていました。)

f:id:uccari8:20170227004901j:image山頂を後にします。シリセードしても楽しい。

f:id:uccari8:20170227003157j:imagef:id:uccari8:20170227003218j:image下山開始は15:40となってしまいました。あまりにのんびりし過ぎて、ゴンドラの最終時間16:30ギリギリに山頂駅に滑りこみました。

最後は駆け込みになってしまいましたが、何だかんだと皆さん楽しかったようで良かったです。欲を言えばもう少しフカフカの雪が欲しかったですね。

ど定番ですが、往復3時間程度の歩行で済みますので小さなお子様がいるファミリー登山や職場の親睦目的などでも使えるコースだと思いました。

かぐらスキー場の和田小屋

かぐらスキー場に行ってきました。ここはゲレンデの真ん中に和田小屋という宿泊施設があります。

f:id:uccari8:20170218181321j:image

1泊2食付き大人7800円というリーズナブルさ。しかもMt.Naeba共通リフト券が1日3200円。まともに買うと5000円以上する代物が…

1日目は雨でゲレンデの雪はグズグズでしたが、夜半より予想どおり吹雪に。これは明日の朝期待できる、、とニンマリしながら床につきました。

f:id:uccari8:20170218182309j:image

2日目は晴れ時々雪がチラチラ。ファーストトラック滑走の特典付きです。7時過ぎには整備されたバーンをいち早く滑れます。ロープウェイで下から人が上がってくる前に滑れます。気持ちイイ!!

 

前回シェル出した効果ですが、足の痛さが和らいだので若干は効果あったかな?という感じでした。(今回も結局ソールは取ってしまいました。)というのも朝一は、足がブーツに馴染んでいないのか、結局痛いは痛いのです。

2本くらい滑って一休みしてから履き直すとすんなり履けたりしますので、足の状態いかんで感じ方が全然違うのです。そういえば昔からそうだったと思い出してきました。

f:id:uccari8:20170218183510j:image

泊まりのスキーは実に16年振りですか。かぐらスキー場の山頂「神楽ヶ峰」に向かう第5ロマンスリフト(通称ゴロマ)のペアリフトにおっさん2人で何度も乗りました。山頂からは林間エキスパートコースという非圧雪エリアを沈むカービング用の板(最近タダで頂きました)で滑りながらパウダー用の太い板が欲しくなりました。

スキー復活は良いのですが、また物欲に負けて金欠になりそうです。。

スキーブーツ、シェル出ししてみたものの

例のシェル出しですが自分でやってみました。先に結果を申しますと私の足幅の異常さが勝ってしまったのか、こんなもんかな?という感じです。

ウェブを徘徊してますと諸先輩方はピンチクリアーなどというものを使ったり自作されたりしてヒートガンなるもので90℃位に温めながらゆっくり均等に当たる箇所を広げているようです。

私、せっかちなので家にあるもので何とかならないかやってみました。

まずインナーブーツを外します。

f:id:uccari8:20170211131923j:image

次に使わなくなったゴルフのドライバーを用意します。これまた使わなくなった厚手の靴下を履かせます。

f:id:uccari8:20170211132117j:image

嫁ドライヤーを当てながらドライバーのシャフトをテコの原理で中からグイグイと押し込みます。

f:id:uccari8:20170211132225j:image

シェルが温まってくるとグニャ感が出てきて押されているのが分かります。調子に乗ってグリグリやってみたのですが、元に戻ろうとします。結構力をかけて押した状態でドライヤーをホットからクールに変えて保冷剤も当ててみました。f:id:uccari8:20170211132653j:image

作業前後の測定結果です。作業前が120mmあたりの数字が見えます。

f:id:uccari8:20170211132829j:image

作業後は124mmになった感じです。

f:id:uccari8:20170211132908j:image 

いかんせん感覚的な計測なので適当ですが、一応広がったと理解しました。その他万力で作業前後に幅を測ってみたのですがおよそ4-5mmは当たっている箇所付近が膨らんだようです。ピンチクリアーを使用した時みたい、はっきりポッコリと見た目で分かりませんが、同じ箇所から片目で見てみて見えていたシールの角度が変わっているなどしていたので大凡オッケーとしました。(超適当です)

f:id:uccari8:20170211133311j:image

ソールも入れて再度履いてみたところです。多少はマシかな?痛くはないが、でもやっぱり窮屈感は否めない感じです。

なんかバックルの留める位置も若干ゆるくなったせいか今までより1ノッチ分キツくしないと締まらなくなってしまったので結局窮屈さは同じ感じがします。

第一バックル付近が広範囲に全体的に当たっちゃってるのと素材が元々柔らかいので、こんなもんかな?という感じで作業終了です。シェル出し作業は、骨がスポット的に当たっているのとかを解消するものであり、ムチムチに広範囲の窮屈さの解消には適さない=最初からお店で新品の合ったやつを買いなさいってことだと分かりました。

あまり参考にならないレポートにてすみません。次回、上越あたりのスキー場に行って念のため試してみたいと思います。 痛くなったらまたソールを取り外します。

 

追記(2017.03.26)、こちらのシェルは熱成形用では無かったので、気持ちの問題で気付いたらほぼ元に戻っており変形していませんでした。