ワンゲル部の記録長さん

山ですぐバテちゃう記録長さんの日記

今シーズン、遅ればせながらBCの準備に取り掛かる

前回整備したK2 coomback114(そうだcoomback114で滑ろう - ワンゲル部の記録長さん)

乗らないままでは勿体ないので、次回のBCに備え都心からサクッといける川場スキー場で何本か落としてきました。

f:id:uccari8:20190217223548j:image降雪時の川場はとてもいいっす。ここのコース外は勿論NGですが、コース端っこの方などパウパウフカフカでした。

駐車場のあるKAWABA CITYからリフト1本上がったパノラマハウス前から出ているフード付きクワッドリフトとその隣にある無名峰トリプルリフトを回しました。

f:id:uccari8:20190217224152j:imageクワッドリフトの先は武尊山に向かう登山道になります。沢山の登山者達が登っていきましたが、天候的にもイマイチだった為かBCっぽい人は見かけませんでした。

トリプルリフトからはモーグルコース(最大34°)、おためしコース(最大26°)、ビギナーコース(最大16°)の3本のコースがのびていましたが、モーグルコースとおためしコースはカリカリバーンの上にフカフカ雪が積もっている感じで滑る人も少なく空いていました。

f:id:uccari8:20190217224438j:imageリフト下を誰かさんがシュプール残しています。フカフカ加減が伝わってきます。
f:id:uccari8:20190217224446j:imageまだ誰も踏み入れていないバージンスノー。
f:id:uccari8:20190217224425j:imageコースは流石に滑りまくった後で荒れていましたが、coomback114は、その太さとR:23mの割にグリグリとよく回りそしてよく浮きました。ビギナーコースから上級コースまでとても取り回しが良かったです。さすが名機。最初に買ったcoomback102よりも若干短い177cmというのも自分には合っていたのだと思います。

「次回はこいつで山を滑ろう。」
f:id:uccari8:20190217224450j:image
f:id:uccari8:20190217224434j:image

木立を眺めながらツリーランなんぞ妄想しつつ今日は午前中であがりました。

帰宅してから新たに用意したクライミングスキンを早速板に合わせてみました。

f:id:uccari8:20190217225731j:imageグルーが若干べた付きますので、一枚剥いてから使おうかとメンテナンスを計画中です。次回はこの組み合わせで久し振りのBCにチャレンジしたいと思います。

葉山の海

沖にぼんやり江の島をのぞむ…森戸海岸の先の真名瀬漁港。ここは趣のある葉山町の街並みを抜けるとフワッと葉山の海が現れるポイントで結構好きです。写真の場所は最近コインパーキングに整備されてしまったようですが。

f:id:uccari8:20190217205652j:image

鎌倉からまっすぐ海に向かい由比ヶ浜で左に曲がると渚橋のたもとに昔お洒落な「デニーズ逗子店」があったのを思い出しました。ただ如何にも表の顔らいし「逗子店」に対し、その渚橋を右に折れ県道207号の細い路地を進んだ先にひっそり佇んでいる「デニーズ葉山森戸店」の方が自分的には主張しない裏のデニーズ的な感じで好きでした。結果的にはこの「葉山森戸店」だけが今も残っている形ですが。

特に生まれ育った街というわけではありませんが、地元からも近い葉山は鎌倉あたりの喧騒からも離れ、落ち着いた空気が流れる感じがして何となく気に入っています。なのでランニングやロードバイクで立ち寄ることも多いです。

f:id:uccari8:20190217215332j:image今年のお正月の早朝に撮影した森戸大明神越しの富士山。勿論この先の長者ヶ崎や立石公園から見る富士山も格別なのですが、ここの漁船と富士というのもなかなか雰囲気出ていると思います。

尚、3年前の撮影になりますが、沈む夕陽と富士山。

f:id:uccari8:20190217220800j:imageいずれも何かしらのトレーニング中の撮影の為、スマホの写真になりイメージを伝えきれないのが残念ですが、それでも葉山の海は画になります。

バックカントリースキー用のザック補修

バックカントリースキー用に買ったospreyのswichi36に穴が開いて久しいです。(腰ベルトの付け根部分です。)

f:id:uccari8:20190211191708j:image

中古で買って1回目のBCで穴を空けてしまいました。

バックカントリー用ザックというモノがある事を知り - ワンゲル部の記録長さん

 

内側にポケットがあり、安いスコップを入れたら、切れちゃった感じです。

買った後で、背面フルオープン&アクアソース付きの「swichi40+5」の存在に気付き、そっちの方が良かったかも等とちょっと後悔もしてたり…なんて思いながら毎回この「穴」をガムテープで塞いでは剥がれを繰り返していました。

「修理してみるか…」

やっと重い腰をあげて直す事にしました。

f:id:uccari8:20190211192633j:imageこんなものを手芸屋さんで買ってきました。(※針はこんなにたくさん要りません。ストレートのやつ1本で十分です。)

f:id:uccari8:20190211192904j:imageまず背面のボードを抜き取ります。何かファスナーがひっくり返っているところがあり、開けてみるとこれが出てきて取れます。
f:id:uccari8:20190211192916j:image裏返しにします。

f:id:uccari8:20190211192919j:image更に内ポケットのところでもう一回裏返します。穴が見えてきました。
f:id:uccari8:20190211194424j:image

  1. 穴の両側を合わせて縫えばくっ付ける事が出来そうですが、なんせ千切れた布が小さ過ぎるので、補修用ナイロンシールを付け足して縫い易くします。
  2. 布用両面テープを縫い合わせる布の面に貼ります。
  3. 縫い合わせ面をくっ付けます。
  4. ズレないように安全ピンで仮どめします。

f:id:uccari8:20190211192858j:image返し縫いで縫ってみました。
f:id:uccari8:20190211192850j:imageどうやら何とか縫い付けられた感じです。
f:id:uccari8:20190211192909j:image元どおりひっくり返したところ。変なギャザーが寄っちゃうかと思いきや、それなりな見た目で一安心です。
f:id:uccari8:20190211192845j:image最後に念の為、上から防水用補修布をアイロンペッタンでくっ付けます。すぐはがれるかもしれませんが、今のところしっかりくっついているようです。
f:id:uccari8:20190211192912j:image完成です。

はっきり言って強度がどの位か分かりませんが、すぐ剥がれちゃうガムテープでくっ付けるよりはマシな感じです。次は取り敢えずこれで試してみるとします。

家のリフォームをきっかけに趣味の物を整理する

少し前の話になりますが、昨年秋から年末にかけて家をリフォームしました。

f:id:uccari8:20190209153741j:image

リフォーム内容としては、こんな感じです。

  • カーペットを全面フローリングにする。
  • クロスを全面張り替える。
  • 和室の壁を壊してリビングを拡張する。
  • 納戸と押入れを合体してウォークインクローゼットにする。
  • 自転車を壁掛けタイプで保管する。
  • 室内で洗濯物を干せるようにする。
  • 各部屋を二重窓にする。

元々家族みんなアレルギーが酷くカーペットから出るハウスダストを疑っており、フローリング化しようというのがきっかけでした。

<リフォーム前の様子>

f:id:uccari8:20190209172121j:image狭いリビング。家のいたるところに物があふれ、いつも何か探している…自転車は3台もあり和室を占拠…

そもそもですが10年以上ほぼ家のメンテをしたことがありません。綺麗にしたのはトイレくらいのもの。家具もだいぶ傷んでいたし、趣味の物で部屋が溢れ返っていたのをどうにかしたいというのもあり、じゃあ、アレルギー対策もできて一石二鳥だよねってことでリフォームに踏み切りました。

 ■contents ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

複数社に見積もり依頼をかける

リクシルの「リフォームコンタクト」という業者一括見積もり依頼を利用しました。

早速3社とアポイントが取れましたので、まずは床と壁の要件のみ伝え、続けてオプションで収納などの相談をしました。

1社目

地元の業者さんで社長さん自らがいらっしゃいました。

 →早い、丁寧、安い、パッケージ的製品、大工さんに色々指示ができそうな方という印象でした…

2社目

次に大手企業の営業マンがいらっしゃいました。

 →優しい、高い、コストをかけず価値を高めた提案、でも思い切った提案ではなく小技系が多い印象でしたね…

3社目

最後は隣町の業者さんで、ノリの良い担当の方がいらっしゃいました。

 →のんびり、凝り性、アイディアが光る、大工さんと友達、まじめで相談に良くのってくれそうな印象でした…

 

簡単にまとめるとこんな印象でした。

  総額 資材 提案 融通 進行
1社目 ×
2社目 ×
3社目

で、結局のところ3社目に決めました。

工事開始に際し、夢の膨らむご提案が

家族には大変申し訳無いのですが、ただでさえ狭い家なのに、僕の趣味の物で家の至るところが埋め尽くされていました。

主に、

  • アウトドアギア : 押入れの半分以上を占拠。
  • スキー、自転車関連、タイヤ類(夏冬8本) : 和室を占拠。
  • カーグッズ、カメラ、工具他 : 納戸を占拠。

いつどこで雪崩が発生するかという状態で、ドンキの圧縮陳列の如く積み上げられていました。

今回、これらを機能的に収納できる専用スペースをそれぞれ作り、自転車は室内にインテリアとしても飾れる感じで壁に掛けてしまおうという方向で大方の話がまとまりました。

まるで自分の好きなもの達のショップにでも出かけたかのような気分を自宅でも味わえる…そんな夢を抱きながらリフォームのスタートを切った訳です。

断捨離を始めると荷物の多さに不安がつのるばかり

今回、新しいスペースに置いてトキメクかどうかを基準に断捨離を開始しました。よーし断捨離やったるでー…てなノリで片付けを開始したのですが、、

「キリがない…」

段々と焦ってきました。45Lゴミ袋20袋以上は捨てたでしょうか?粗大ゴミセンターにも3回は通いました。また色々売りさばきました。。が、荷物が思ったほど減らない。今までこんなに捨てずにいたのか⁉︎と我ながら自分に呆れました。

当初押入れと納戸は合体せず押入れだけを改修し、縦方向に機能的な棚を組む事でデッドスペースを減らし荷物を入れるとの案でしたが、とてもではないですが全部入りそうにありません。

【リフォーム前の荷物ボリュームイメージ】

※( )内は主観ですが荷物ボリューム比率です。自転車3台分は除いて考えます。

1.納戸の荷物(2)+2.押入れの荷物(4)+3.和室(6畳)の荷物(4)  ・・・全部で(10)

【断捨離による荷物整理で半分捨てる】

1.納戸の荷物(0.5)+2.押入れの荷物(2.5)+3.和室の荷物(2)  ・・・全部で(5)

【リフォーム後のシミュレーション】

●案1) 納戸(2)と押入れ(4)のスペースに全部で(5)になった荷物を入れる。(ギュ~)

●案2) 納戸(2)と押入れ(4)のスペースに新たに和室6畳の内1畳弱のスペース(3)を足して壁を抜いてウォークインクローゼットにする。全部で(9)のスペースへ。

「案2がいいかなぁ…」

漠然とそう思いましたが、ウォークインクローゼットは通路というデッドスペースも伴います。それでも荷物は詰め込み過ぎずゆとりを持って片付けたいし、普段は荷物が視界に入ってこないように囲いたいし、でもリビングの広さは犠牲にしたくない…などと大いに悩みました。

荷物は人目に触れず、取り出す時はアクセス良く

でも結局、業者さんが色々細かい案を出してくれたことも背中を押し、思い切って「案2」でやることにしました。

●リフォーム前(こんなレイアウトでした。)

f:id:uccari8:20190209234754p:plain

●リフォーム後(収納スペースはウォークインクローゼットに生まれ変わりました。)

f:id:uccari8:20190209235334p:plain

収納は部屋の形にすることで、普段荷物は視界に入らずすっきりしたイメージになると考えました。またウォークインなので、各棚にアクセスしやすくもなります。これでもう山やスキーに行く前日に慌てて荷物を探すようなことは無くなると期待が高まります。

いよいよ工事開始です!

ご近所さんに工事の承諾をいただくと、いよいよ工事開始となります。今回、費用を抑えるために引越しはせず、住みながら工事を行う事にしました。生活空間は工事箇所を避けながらリビングや寝室をちょっとずつ移動するするというやり方です。大物の荷物だけ実家等に預けました。

大工さんがいつもきれいに片づけて行ってくれるので夜仕事から帰ってきても思ったほど埃っぽくもなかったです。しかも毎日着実に工事が進んでいるので帰宅が楽しみになっていました。

f:id:uccari8:20190209212353j:image子供部屋、寝室のリフォームが終わるといよいよ次はリビングです。始まってみると割とあっという間に取り壊された和室とリビングとの間の壁や、押し入れと納戸の壁。おー、イメージが膨らんできます。

肝心のウォークインクローゼットですが、みるみる完成していきました。

f:id:uccari8:20190209212357j:plainところが、ここで問題発生。。せっかく拡張した収納スペースの「ウォークインクローゼット」に合う既成の棚がありません。

「これは新たに造るしか…」

でもお高いんでしょう?てな感じで業者さんに相談してみたところ、「全然造れますよ~♪」と大工さんも積極的な感じです。じゃあ造っていただきましょう!という事でこんな感じで造っていただきました。
f:id:uccari8:20190209212344j:image
一から造っていただいたので、当然ですがピッタリです。棚に合うボックスやカゴなどをインテリア系ショップなどに買いに行ったりしてムフムフしていました。

約1か月半、年末にようやく完成しました

 今回、目玉のウォークインクローゼットはこんな感じで出来上がりました。

f:id:uccari8:20190209213125j:plain中は予定通り、アウトドアギアやスキーグッズを機能的に収納できました。

f:id:uccari8:20190209213116j:plain実際に荷物を入れてみたところです。自転車1台分はこの中にしまうこともできます。スキー板は壁に立てかけ、抜き差しできるバーでとめています。その上にはブーツ置き用の棚。また棚のほとんどを可動棚とする事で、高さを自由に調節できるようにしました。

リビングは、これまた予定通りですが、自転車を2台壁掛けで保管できるようになりました。

f:id:uccari8:20190209213120j:plainロードバイク(上)+マウンテンバイク(下)のケース。

f:id:uccari8:20190209213106j:plainロードバイク(上)+クロスバイク(下)のケース。

どちらのケースでもいい感じです。支柱はコンクリートの壁に打ち付けて固定されています。ハンガーはMINOURA製としました。

家に居ながらにしてアウトドアショップと山スキーショップ、サイクルショップをはしごしている気分に浸れるようになりました。(自己満)

広がったリビングスペースは、スキー板や自転車のメンテナンスに適度な広さの為、家で好きなだけ道具達をイジれます。家族の温かいご理解にただただ感謝デス。。

f:id:uccari8:20190209212349j:imageその他、嫁の希望も取り入れております。調光可能なダウンライトに天井から電動で物干しが下りてくるパナソニック室内物干しユニット「ホシ姫サマ」。カウンター下の洒落た棚。そして二重窓のリクシル「インプラス」です。インプラスは全室に取り付けましたが、目の前の道路の音も気にならなくなり、また密閉性もあがり良かったです。県の補助金も活用できました。

今回感じたこと

今回、業者さんと一緒に「どう造るか?」などを考えながら進めていくことができ、とても楽しくリフォームすることができました。良かったと感じたポイントとして

  • 一緒に作品を作る感覚でモチベーションを共有できたこと。
  • コストを抑える工夫について一緒に考えていただけたこと。
  • こちらから重箱の隅はつつかず、大工さんを信用できたこと。
  • 一度拘ったことをやり通すガッツをチームに感じられたこと。

以上がありました。先方はお仕事で、我々は購入者でしかないのでしょうが、どことなく文化祭の作品作りみたいな雰囲気があって、工期が1か月半と長かったにも関わらず、本当に楽しくあっという間の出来事に感じました。

f:id:uccari8:20190209230511j:image

さて、次は水回りかな~。(終わらない欲望…)

そうだcoomback114で滑ろう

昨シーズンが終わった後に買ったまま放置していた中古のk2 coomback114。そろそろ仕上げる事にしました。(来シーズンに向けバックカントリー板K2 coomback114を買う - ワンゲル部の記録長さん)

 

プラ栓とインビス作業

f:id:uccari8:20190203004938j:image元々テレマークビンディングが付いていたらしい穴がありましたのでプラ栓で埋める事にしました。ハンマーでプラ栓を叩き込み、はみ出た部分はカッターで削り取るという簡単な作業です。

またインビス作業は今回で5回目となり、穴位置がズレないように最初のポンチ打ちをちょっと工夫しました。

過去作業は、こちらから。(coomback インビス化にチャレンジ ② - ワンゲル部の記録長さん)

手順はこんな感じです。

  1. テンプレートを板に合わせます。
  2. ポンチをいきなり打たずココだと思う位置に手芸用の目打ちを使って板に印を付けます。(テンプレートの使い回しにより穴あけ部分が破れてしまい穴のセンターにしっかりポンチ打ちできないため)
  3. テンプレートを外して目打ちした穴にポンチを合わせ、より深く傷を入れます。
  4. ドリルの先をその穴に合わせて穴空けします。

久々のドリリングでしたが、目打ちのおかげでほぼピッタリな位置に穴開けできました。ただ1箇所だけ1mm弱ズレてしまいました。

「難しいなぁ、でもまぁ1mm位なら大丈夫だろう…」

いつもはもっとズレていてもまぁまぁ問題無くネジ留めできていたので、大して気にしていなかったのですが、今回ビンディングを取り付ける段階でやらかしてしまいました。

 

TLTビンディングを移植する

f:id:uccari8:20190203005251j:imagecoomback102に取り付けてあったdynafit speed trun 2.0。これを114に移植しようとしていきなりネジをナメさせてしまいました。

f:id:uccari8:20190204011212j:imageマジか⁉️

わざわざプラスネジではなく六角穴付きネジにしたのに、、やっぱり変な力を加えるとナメちゃうのね…

慌てて車いじりの時に買ってあった「なめたネジはずしビット」で外そうと試みました。

f:id:uccari8:20190204012402j:imageしかし、持っているドリルではトルクが足りずうまく穴があきません。。

途方に暮れかけた時、

「電工ペンチが使えるかも⁉︎」

f:id:uccari8:20190204013330j:image

完全にねじ込む前(要はネジがまだ板から浮いている状態)でのナメでしたので、平べったい電工ペンチをビンディングの下からかまして無理矢理回してみたら…

回りました。。

f:id:uccari8:20190204013450j:imageとれた…(ホッ)

めちゃめちゃ焦りました。斜めにヘックスを差し込んでしまい思いっきりナメたんですね。

f:id:uccari8:20190204013604j:imageこの位の穴ズレでも用心してネジを締めないとダメですね。

さて、気を取り直してビンディングの移植を完了させます。

f:id:uccari8:20190203010328j:image太いぜ‼️

 

ワックスで仕上げます

f:id:uccari8:20190204014303j:imageたぶん、前オーナー様がBCで岩か木の根の上などの地雷を踏んでしまったらしくソールに補修跡がありました。でもワックスしたらこの通り全く問題ありません。

 

しかし、天気の方は問題です。節分の今日は気温もだいぶ上がり色々調べていても雪崩のリスクが高まっていた為、テスト滑走したかったのですが次回にお預けとしました。

今週末もまた雪の予報です。天気とにらめっこで滑る日を決めたいと思います。

鉄下駄で脚を鍛える(改めてBianchi cielo 2013改の魅力に迫る)

先週ロード用ホイールを購入し、ますますロードバイクしか乗らなくなってしまった今日この頃。

お気楽に乗るためにとクロスバイクをドロハン化してまで保持し続けていた訳なのですが、再びお蔵入りの勢いです。なので今一度Bianchi cieloの魅力に迫り現役復帰させたいと思います。

 

ヘッドパーツを交換してみました

f:id:uccari8:20190203221431j:imageあまり乗らなくなった理由の一つに直進安定性がイマイチであった事が挙げられます。これはフォーク交換した際にヘッドパーツが合っていなかった為だと推測していました。

なので今年に入ってから買い足したFSA Orbit MX (34mm 1-1/8 OS)に交換してみる事に。。

手順は、MTB cannondale f7でいじった時と同じです。(マウンテンバイク さっそく色々修理 - ワンゲル部の記録長さん)

一度作業しているので手順は簡単。

  1. ワコーズ ラスペネを圧入部に吹き付けます。
  2. ヘッドセットリムーバーで古いヘッドパーツを押し出します。
  3. ヘッドセットインストールプレスツールで新しいヘッドパーツを圧入します。おわり。

乗ってみると劇的に改善。原因はやはりヘッドパーツだったようです。直進安定性が損なわれたと感じていたのは、ハンドルの可動がやや渋かった為のようです。ヘッドパーツの交換でとてもスムーズに走るようになりました。

 

ポジショニングを改めて見直す

そもそもクロスバイクを無理矢理ドロハン化するとポジショニングは大きく犠牲となります。腕が前過ぎて疲れていたので、ステムを短くする事にしました。

f:id:uccari8:20190203233413j:image最初見栄を張って110mmと長いステムを採用していましたが、思い切って75mmと短くしてみました。だいぶ良いポジションが出たような気がします。

 

各パーツの魅力を改めて感じるようにする

f:id:uccari8:20190203221415j:imageホイールは元から付いていたalexrims df23というものになります。正確な重さは分かりませんが、そこそこの重さだと思います。重い鉄下駄は脚を鍛えるにはもってこいです。

f:id:uccari8:20190203221443j:imageハブは名前も文字が剥げてしまいよく分かりませんが、シマノの安いタイプだと思います。ただこれがスタンドに乗せた状態だとロード用のmavicのハブよりもスルスルと本当に良く回ります。

f:id:uccari8:20190203230017j:imageタイヤですが、Vブレーキキャリパーブレーキに交換した為に、クロス用の32cからPanaracer 700×26cに交換していました。これがロード用のタイヤと違い、段差や路面状況に関わらずどっしり安定感があります。この辺があまり気をつかわずラフに乗れる良さにつながっていると思います。お金があったらグラベルキングにしてみるのも良いかもしれません。

f:id:uccari8:20190203234132j:image

Panaracer グラベルキング sk (出典:Amazonを参照)

ロードと差別化したグラベルロード化も面白いかもしれませんが、ディスクブレーキ化とかMTBのドロハン化とかまた新たな世界の扉を開いてしまいそうです(笑)

 

鉄下駄で脚を鍛える

なんと言っても鉄下駄はトレーニングにはもってこいです。そもそもですが、お気楽なご近所バイクという発想が良くなかったです。わざわざ重いクロスに乗るのはトレーニングの為であり、更にロードバイクに乗った際にその軽さのありがたみを感じ続ける為であると思うようにしました。

f:id:uccari8:20190203221510j:imageロードバイクの時の1/4程の距離でもなんか疲れます。でもこの疲れこそトレーニングなのだ!と思い込むようにしてクロスバイクBianchi cieloの復活を誓います…⁉︎

早速MAVICのホイールに注油して走ってきました。

超軽量ホイール、MAVIC キシリウム プロ エグザリット SLが我が家にやってきた翌日にフリーボディ用のオイルが届きました。

f:id:uccari8:20190202192409j:image

これは、いくつかショップをハシゴしても

「すみません品切れでーす」

ってな感じが続き買う事が出来ず、仕方がないのでネット通販で購入した物です。品物は2,000円ちょっとですが送料が800円しました。

では早速オイルアップ致します。

f:id:uccari8:20190202193021j:image準備オッケーです。スプロケを外して、いよいよフリーを外します。
f:id:uccari8:20190202193017j:image手順は諸先輩方のとても分かりやすいブログが多数見つかりましたので真似してやってみました。

1.  5mmアーレンキーとモンキーレンチでフリーを留めているナットを外します。

2.  写真のラチェットとバネが弾けてとばないように、ゆっくりフリーを外します。

3.  軸のスペーサーもはずして、各パーツに付着している真っ黒に汚れたオイルを綺麗に落とします。

4.  ラチェット部分などオイルを塗り塗りしラチェットを戻し、また組み立てます。

意外と簡単に出来ました。フリー側の内部のハネや白い輪っかの部分も注油しておきました。

 

開けたときの古いオイルは真っ黒過ぎましたので、こんなに汚れるものなんだ…と思いましたが、逆に言えば未だ未だちゃんとオイルがしっとりと効いているとも言える感じでした。
f:id:uccari8:20190202193025j:image新しいオイルはサラサラした感じかと思っていたのですが、割と粘性の高いオイルなのですね。

一応、作業前後の動画も撮って比較してみたのですが、ラチェット音が明らかに上質な感じになり、そして静かになりました。回り方もスムーズになった気がします。

これから1,000kmに1回オイルアップするのがペース的に良いらしいですね。

 

ではメンテも終わった事だし、お試しご近所ライドへと洒落込みます。今日は午後遅くからのスタートなので

横浜〜鎌倉〜横須賀〜金沢〜横浜と、

約60kmのショートカット周回コースで時間短縮です。

f:id:uccari8:20190202200805j:image八景島シーパラダイスの近く…海の公園で一休み。。黒リムやっぱりかっちょえーわ。いやーしかし、キシリウム プロ エグザリット SL

 

もーとにかく軽い、ブレーキの音色が心地よし♪

 

23cのタイヤも初めてでしたが、めちゃめちゃ気に入ってしまいました。

坂は少なめのコースでしたが、登りが全く嫌では無い感じでした。下りは剛性感が半端なく全然安心してスピードが出せると…まぁ、ありきたりなレビューなのですが、素人でもそれだけ顕著に分かるくらいに効果がありました。

ハブの回り方もスタンドにかけて空転させた時の冴えなさとは裏腹に、乗っている時は物凄くスムーズに回っている感覚でした。そしてエグザリットのブレーキ音の

「ぴゅ〜るるるるぅ♪」

は、完全に癖になりました。元々中古ホイールだったということもありブレーキシューもアタリが出ていて音も控えめでしたが。

f:id:uccari8:20190202203308j:image次はもう少し登り多めコースで試してみようと思います。