ワンゲル部の記録長さん

山ですぐバテちゃう記録長さんの日記

バックカントリー用ザックというモノがある事を知り

OSPREY(オスプレー)のSWITCH36(スウィッチ36)というモデルを中古で買ってみました。

f:id:uccari8:20171119171723j:image

機能や使い方は、ロストアロー様の説明ページがあります。

http://www.lostarrow.co.jp/osprey/support/manual/OM2009_OS_Switch.pdf

 

山岳用ザックは、

8L、12L、25L、30L、35L、42L、45L、65L

と無駄に持っており、50L台が無いので次はそれかなと思いつつも今回はバックカントリースキーに用途を限定した為に36Lという微妙なサイズとなりました。

f:id:uccari8:20171119172822j:image

ビックリのポケットだらけ仕様。バックカントリーでは、雪崩や気象上のトラブルに即対応する必要があり、超整理整頓できるように中が仕切られています。また全体に平べったく背中にフィットする形で、スキー滑走中でも荷物が振られにくい形になっています。

バックカントリー用ザックの定番を調べていたらOSPREYのKODEなどが有名だそうで、板をつけたまままでも背面アクセスで簡単に荷物を取り出したりしているのがポイントなのかな?とも思いましたが、今回購入のスウィッチはトップとサイドからアクセスします。それでも今までの登山用ザックと比べ荷物を取り出し易いと感じました。

 

あとは、ブラックダイヤモンドのアバラング付きモデルや、エアバックなども多少は検討したのですが、

 

次でいいや…

 

という事で雪崩から生還する為の機能は次回持ち越しとしました。

 

ところで今年(2017年)は、11月18日から20日にかけ、今年初の冬将軍到来です。高度5,500m付近で-30℃前後の強い寒気が居座りそうです。大量の降雪でも温度が上がらず乾雪雪崩が発生し易い条件が揃ってきています。

厳冬期登山の場合、できるだけ雪崩の発生しにくいコースを選びますが、スキーはわざわざ雪崩が起き易いところを滑ります。また地形の罠と呼ばれる雪崩被害が増幅されるところにも迷い込み易く心配事も多いですが、状況を見定めていきたいと思います。

K2 PRESS 15-16モデルの青(159cm)

最近何をやっても煮え切らない僕に、山のお仲間のお師匠さんが業を煮やし(?)、ツインチップのスキー板(ビンディング付き)をプレゼントしてくれました。

f:id:uccari8:20171119141718j:image

K2 PRESS 15-16モデルです。この年のPRESSは、色によって長さが違いますが、最近青色にハマっている僕に青の159cmを譲って頂いたという事になります。

サイズは113-85-104、軽量やや硬めのジブロッカー搭載板になります。ツインチップ板は一つ持っておきたかったので、このサプライズはとても嬉しいものになりました。

ジブロッカーは普通に滑るにもパークで遊ぶにもトップの引っ掛かりも感じず取り回しし易いですね。

f:id:uccari8:20171119142326j:image

ただ、トップ側がやや広く完全な対称形の板ではないので、ゲレンデメインでちょっと跳んだりしたい場合に良いと思いました。前オーナーであるお師匠さんの意向もありチロリアのピーク11のビンディングは4cmセットバックで取り付けてあります。これにより前へ進む安定性が抜群に良くなったと感じております。スピードに乗ればどんな斜面でもカービングターンが決まり気持ちの良い板です。

f:id:uccari8:20171119142844j:image

オールナイト営業のスキー場で試し履き。人工降雪でしたが、雪質に関係なくとても安定した滑りをしてくれました。

 

気持ちの良い滑降で、頭の中のモヤモヤも吹き飛ばせたと思います。

GALLIUM(ガリウム)REPAIR CANDLE(リペア キャンドル)を試す

昨日、シーズンインと同時に傷つけてしまったスキー板のソール補修にGALLIUM(ガリウム)REPAIR CANDLE(リペア キャンドル)を試してみました。

f:id:uccari8:20171104234346j:image

今回、浅い傷が広範囲についてしまい、特に補修せずにホットワックスだけでも問題無い状態でしたが、ソール補修に興味があったのでやってみました。

商品はamazonのプライムサービスを利用し、スキー場からの帰り道にポチっておきましたので翌日作業をすることが出来ました。尚、中身は8φサイズの18cm、3本入りになります。

 

作業手順ですが、

1.スキー板のワックスを剥離する

2.彫刻刀などで傷をならす(今回は、この工程をカット)

2.キャンドルを溶かして傷に流し込む

3.ステンレスのスクレーパーで削る

4.耐水ペーパーで滑らかにする

5.ホットワックスをかける

以上で進めます。

 

まず古いワックスを剥がします。

f:id:uccari8:20171105000048j:image

車のブレーキ&パーツクリーナーと同じく脂肪族系炭化水素、アルコール類が主成分の有機溶剤を使います。

f:id:uccari8:20171104235951j:image

剥がした後は傷のえぐり加減が目立って痛々しい。。

f:id:uccari8:20171105000710j:image

キャンドルはライターで炙ると煤が出て定着しにくいらしいので、グルーガンを使ってみました。グルーガンの穴は7φなので、キツキツですが何とか入ります。

f:id:uccari8:20171105000825j:imagef:id:uccari8:20171105000832j:image

傷部分をアイロンで予め少し温めてからグルーガン(160°前後まで加熱します。)で溶かしたキャンドルを細く塗っていきます。更にアイロンも160°に温度をあげて、ささっと上から溶かして定着させます。高温のため短時間で行います。

f:id:uccari8:20171105001240j:image

溶けたキャンドルが、ちゃんと定着するのか心配でしたが、相当強く定着しました。

f:id:uccari8:20171105001551j:image

100均のステンレススクレーパーを使って、余計な傷が付かないように慎重に余分なキャンドルを削っていきます。

f:id:uccari8:20171105001703j:image

耐水ペーパーを使って、手で触っても段差が無くなるまで平らにならしていきます。

粗めの耐水ペーパーでソールを削るのはちょっと勇気が要りましたが、どうせもう傷付いているんだし、ということでバリバリかけていきます。

#320→#600→#800→#1000→#2000の順でかけていきましたが、ほとんど#320で事足りた気がします。

f:id:uccari8:20171105002521j:image

取り敢えずこんな感じに仕上がりました。

ストラクチャーが消えて無くなっちゃうんじゃないかとも心配しましたが、何となくアミアミな模様が残っているような気がします。

f:id:uccari8:20171105002905j:image

ベースワックスの上にフッ素系のトップワックスを塗ってブラッシングしたところです。

キャンドルの上はワックスのノリが甘いらしくベースワックスでは確かにその傾向が少し出ました。ただトップワックスを塗ってしまえばあまり関係無かったです。

f:id:uccari8:20171105003222j:image

取り敢えず素人作業でここまで修復しました。

 

シーズンが終わったらチューンナップに出そうと思います。

 

17-18シーズン初滑り

先月6日に日本最速でオープンしたスノータウン・イエティ(静岡県富士山2合目)に行ってきました。

f:id:uccari8:20171103234251j:image

紅葉の中を滑るという不思議体験になりました。気温も14度ほどまで上がりましたので、Tシャツ1枚でグローブもせずに滑ってしまいました。

 

今回のスキーは、今月末に予定しているバックカントリースキーの前哨戦として、この夏しこたま買い込んだギアのチェックを兼ねています。

1.TLTビンディング

2.インビス加工

3.SCOTTのブーツ

どれも思った以上にアルペンスタイルと遜色無く、スムーズに滑れました。

また、心配していた肩の治癒加減でしたが、こちらも思った以上に普通な感じでストックワークもストレス無くできました。

f:id:uccari8:20171104000753j:image

まずTLTですが早速コケました笑。低めの解放値に設定していたという事もありちゃんと解放されました。

右側の青い調整ネジが横位置の解放値調整。縦に並んだ数字の左斜め上にあるグレーの三角矢印が縦位置の解放値調整(先程の青い調整ネジの上側に調整ネジがあります。)

f:id:uccari8:20171104003326j:image

またインビス部分のビスも低強度ねじロックを事前に塗布していたおかげもあり全く緩みはありませんでした。

f:id:uccari8:20171104002739j:image

更に拘りのブーツですが、滑り始めこそ痛くはなりましたが、5〜6本滑り終わったところで足に馴染み痛みもほぼ無くなりました。

f:id:uccari8:20171104003029j:image

しかし、コースはこの狭さです。

f:id:uccari8:20171104004415j:image

他の方との接触を避けようとターンをきったところ、油断して思わずコースアウトしてしまいました。やばっソールが…

f:id:uccari8:20171104004559j:image

 今シーズンスタート早々しかもイエティでやっちまいました…まぁバックカントリーも早い時期だと岩が出ていてガリッとやっちゃうそうなので、この程度で済んで良かったとします。。

 

なかなかの人出でした。

f:id:uccari8:20171104005259j:image

良いウォーミングアップになりました。

 

今更100均商品のアウトドア活用勝手にランキング

今日は、みんなやっている(と思われる)100円均一ショップ商品のアウトドア活用について、やや冬山テント泊に向いている商品発掘の視点から勝手にランキングします。

そもそも100均商品はコストをかけていないので基本ちゃちく軽いものが多いです。従って強度と耐久性の問題が無い限りアウトドア向きと言える物が潜んでいると考えています。

 

1位

除菌ウェットティッシュ

f:id:uccari8:20171030021035j:image

写真はノーブランド品20枚入ですが、我が師匠は拘ってブランド品のシルコット(byユニ・チャーム)を持ってきます。食器拭きなどで使いますが除菌出来るので爽やかです。除菌は山でお腹壊さない為にも役に立ちます。

 

2位

ソフトなスマホケース

f:id:uccari8:20171030021850j:image

内側に吸水力抜群なマイクロファイバータオルが付いています。特に冬山ではこれにスマホを入れて更にジプロックに入れておきます。衝撃対策になる他、気持ちの問題ですが空気の層による断熱効果を期待してスマホの電池長持ちして欲しい願いも込めて2位にランクイン。

 

3位

竹製の杓文字(加工して竹ペグ)

f:id:uccari8:20171030022622j:image

これ、やっている人多いみたいです。竹製の杓文字は大型のカッターで簡単に削れます。杓文字の頭部分を削り取っています。十字にしてテントの張り綱を巻いて雪に埋めて使います。

因みに竹の割り箸でもイケます。ただ、翌朝掘り起こす時に凍ってバキバキに折れるのでゴミが増えます。 

 

4位

ミニほうき

f:id:uccari8:20171030022952j:image

テントに雪が入った時にこれで外に出します。超軽いです。無くても問題ないので余裕のある時に持っていくと便利です。

 

5位

スノーソー?(ただの細工用のこぎり)

f:id:uccari8:20171030023637j:image

残念ながらこちら150円です。ダイソー系のショップで売っていました。刃渡180mmになります。因みに刃渡210mmの物も売っていて、こちらは200円でした。まだ実際にスノーソーとして利用したこと無いですが、今年の冬に試してみたいと思います。

 

6位

スタッフバッグ(イラストきんちゃくバッグ)

f:id:uccari8:20171030023946j:image

これは、シューズ入れとして活用できるかな?と思いましてランクインです。冬山ではテント内にシューズを入れる為、こういうのはあった方がいいと思いましたが、そもそも専用品をすでに持っていたりするので、使いやすいかどうかは分かりません。

 

7位

たためる食器

f:id:uccari8:20171030025256j:image

こうなるやつ…

f:id:uccari8:20171030025309j:image

この手の商品もまだ使った事はありません。シリコン製のたためる食器は、ここ数年くらいでアウトドア系のショップでも売り始めていました。まさかこれに似た商品が100均に!しかもペット用として置いてあるとは!?驚き。食器もだいぶ長く使っているのがあるし、火にかけられる方がいいので、取り敢えず7位です。

 

8位

ジップロック(Mサイズ)

f:id:uccari8:20171030025613j:image

これは、機能的には1位なくらいよく持っていくのですが、100均ではほとんど買わないのよねー。100均のジップロックは7枚入りなのでコスパが逆に悪いです。ジップロックはスーパーで大量買いがお勧めです。

 

番外編

革製グローブ(980円)

f:id:uccari8:20171030025843j:image

こちらは100均商品ではないので、番外編としました。いわゆるホームセンターで売っている商品です。豚革だったと思いますが、岩登りなどで使えます。ただこちらの商品は防水でない為、水に弱いです。しかも洗うと革が縮みます。でもそこそこ使えるので、夏山の軽い岩場などで使ってみるのも良いと思います。

 

以上、100均商品のアウトドア活用ランキングでした。MR.budgetな方々は、もっと素敵な100均商品の使い方を実践していると思います。

山に入る為のギアは本格的な物やブランド品から100均商品まで使い分けながら自分なりのスタイルを作り上げるのが良いと思います。

反復性肩関節脱臼の根治に向け手術します⑨

肩の治療経過報告です。だいぶ良くなってきたので、備忘録がてら記します。

6月の左肩関節のlatrjet法という手術から19週が経過しました。

f:id:uccari8:20171026194732j:image

会社帰りにせっせとリハビリに通った甲斐があり、肩関節の可動域もだいぶ回復してきました。

外旋(小さく前へ倣えからクイッと広げる動き)も5°前後だったのが、20°になりました。

 

8月(手術より9週目)に手術で留めたネジが緩むバックアウトという現象を起こした時(反復性肩関節脱臼の根治に向け手術します⑧)は焦りましたが、結果10月(手術より18週目)の時に執刀医より「骨くっついたね。」というありがたいお言葉頂きまして一安心です。ただ、緩んだ下側のネジが邪魔して上腕骨を動かすと微かに触れるらしく時々コリコリと肩から音が出ます。先生によると気になるようならもう一回傷口をオープンして下側のネジだけ抜いちゃおうとの話が出ました。

でも今の所様子見としよう。。

 

痛みについてですが、まだ完全には無くなっていません。どのような痛みがあるかというと上腕二頭筋短頭(力こぶ)が時々つるような痛み方をします。ですが、リハビリを重ねるにつれそれも薄れてきている気がします。この辺の話はあまり神経質にならず気にしないのが、痛みと付き合うコツだそうです。

 

リハビリは、手術前に使用していた強めのゴム製のトレーニングチューブの使用許可がようやく先週(18週目)出ました。

f:id:uccari8:20171026200757j:image

※いつものようにどこかのショッピングサイトから写真を拝借…

 

白→黄→赤→緑とゴムバンドの強度が上がっていきます。本日はやっと二重にした緑で何とかグイッと伸ばせるようになりました。ダンベルは3kgを持ち上げる事が出来るようになりました。それでも、結構いっぱいいっぱいですが。

 

バックアウトによる再固定期間もあり、寄り道した感じではありましたが、結局骨がくっ付けば加速度的にリハビリが進む事が分かりました。当初の予定通り12月にはどんなスポーツでもオッケーになるとの事。(よし!スキー行けるぞー!)

 

この肩関節というところは部位的にはコラーゲン組織で回りから固まるイメージだそうです。なので究極骨がくっつかなかったとしても固定された感があれば良いんだよとも先生に言われていました。なのでビビらず思い切ってリハビリを強化したのが良かったようです。

 

尚、傷口はもうすっかり白っぽくなりました。

f:id:uccari8:20171026202729j:image

まぁラスト2ヶ月、12月に向け油断しないでリハビリを続けます。

岳都・松本 山岳フォーラム2017開催です!

もしも登山やトレッキング中、休憩ポイントにトイレが無かったら、皆さんはトイレどうしていますか?

今回は、登山者やハイカーによる「携帯トイレ」の自発的活用を啓発し、恵まれた日本の山岳遺産を守ろうとしている方々の話になります。

 

第7回 岳都・松本 山岳フォーラム2017が来月11月25日(土)と26日(日)の2日間、松本市内の「まつもと市民芸術館」にて開催されます。

f:id:uccari8:20171019204103j:image

こちらのイベントは、過去2回ほど展示ブース出展企業さんのお手伝いで参加した経緯があります。(今年も久し振りに参加予定です。)

当初は、電気や水もなく過酷な気温差のある北アルプスのトイレ事情を災害用携帯トイレの二次活用で改善するというマーケティング活動の一環での参加でした。(過去記事:防災用トイレは再利用される をご参照ください。)

 

「山岳フォーラム」という名前だけあり、毎年山小屋のご主人など山に因んだお仕事をされている方々も多くいらっしゃいます。その中でも特に私が北アルプスのトイレ事情にのめり込むきっかけをくれたのが、のりくら観光協会の方との出会いでした。

f:id:uccari8:20171019220055j:image

※2014年の第4回 山岳フォーラムでの一コマ。真ん中は「ほっ!トイレ」の社長さん。

 

その日、少し派手目な服装に身をまとった方が、私の支援先の展示物である「携帯トイレを利用したブース型トイレ(以降「携帯トイレ専用トイレブース」)」の前に現れました。この方こそが後に乗鞍高原内での携帯トイレ専用トイレブースの設置に一役買った「のりくら観光協会」の“ペンションMADONNA”の女将さんになります。

彼女いわく、トイレは女性の視点だと言います。それは、くしくも私がお手伝いしていた携帯トイレ「ほっ!トイレ」のコンセプトと全く同じものでした。(エクセルシア社のほっ!トイレ の製品紹介ページ)

 

冒頭に申し上げた

「もしも登山やトレッキング中、休憩ポイントにトイレが無かったら…?」

まだまだ男性の多くは「その辺でするよ~」が回答かと思います。でも女性の場合は厳しいでしょう。。例えばスノーハイクに乗鞍高原を訪れたハイカーは、冬場凍結する水洗トイレは閉鎖され使えません。またその辺でする訳にもいかず大変困る話なのです。

 

映画「岳」(小栗旬長澤まさみ主演)にも出てくる描写ですが、山でのトイレは「キジ撃ち」「お花摘み」などと形容され、フィールドで“シ”ちゃうのが常でした。

でもヤマケイ(山と渓谷社)のOBが活躍する企業が発信した「富士山からはじめよう」を合言葉にいわゆる「山ガール」ブームに火がつくと山人気は年々伸び、山の自然で人が入っていく事ができるエリアにおいて「人のし尿」の絶対量が飽和状態を超えたのではないかと思います。(過去記事:今年の山トイレ活動をご参照ください。)

山岳地域でのトイレ問題は「利用者」だけの問題ではなく「観光業を営む者」「行政」そして「企業」を巻き込み、無視できないところまで来ていると言えます。バイオトイレ導入促進への関心が高まり環境省が本格的にそれに乗っかり始めたのもこの頃からでしょう。

 

ただ、バイオトイレって非常に高価なものも多いと聞きますし、ハイシーズンごとにトイレを設置したり仕舞ったりを余儀なくされるような場所(雪に閉ざされる、微生物が生きる温度を保てない等)では不向きだったりします。なので、電気も水も微生物も要らなく低コストで環境に配慮できる「携帯トイレ専用トイレブース」が乗鞍でも注目されたのだと思います。

f:id:uccari8:20171019230123j:plain

※写真は、乗鞍高原内の実際の「携帯トイレ専用トイレブース」です。エクセルシア社のSNS投稿から勝手に拝借しました。すみません。

 

しかし、携帯トイレ専用トイレブースって、「はい設置しました!」で終わらないのですよね。いくら薬剤が「臭わなくする」といっても「し尿」は放置できず処理する必要があります。要は片付ける仕事が発生するのです。利用者の協力も当然必要ですが、そこで生活している人々が自然と対峙しながらこのトイレの問題に取り組み、努力で守り続けた結果に我々が「なーんだ、必要な時にトイレあるじゃん!」となっている事に気付きました。

 

この乗鞍高原における山トイレ活動(以降「トイレ設置推進隊プロジェクト」)に参加している方々が、シーズンごとにトイレブースを設置してはメンテナンスし、そしてシーズンオフに大切に仕舞い、また次のシーズンに設置しているという事を知ったのです。 

f:id:uccari8:20171019223627j:image

※写真は、トイレ設置推進隊プロジェクトのSNS投稿より勝手に抜粋しました。すみません。大人4人で運んでいます。お疲れ様です。

 

こうした動きは、行政の枠をも超えるかもしれませんね。今年はトイレ設置推進隊プロジェクトに参加されている方々で「トイレサミット」なるものも開催されたようです。今まで「長野県~」「岐阜県~」みたいに行政区域別に分かれた活動を行っていた観光協会がお互い“トイレ”という課題をきっかけに集まって議論を始めたとの事です。環境省の事を悪く言うつもりはありませんが、お上のお達しよりも現場からの底上げパワーの方がずっと進んでいると感じました。それは机上の理論や慣例などに縛られること無く真に身に迫ったところから発せられる「何か」を原動力として活動するからなんだと思います。

 

トイレ設置推進隊プロジェクトの凄いところはまだあります。処理する「し尿」を「肥料」に変えて、花を育てよう!というのです。

f:id:uccari8:20171019233116j:image

※またまたトイレ設置推進隊プロジェクトの写真を勝手に拝借しました。

この写真も「トレハナ」というロゴもとても素敵だと思いました。何でも長野県の元気づくり支援金で携帯トイレ専用トイレブースの設置を推進し、そこから処理されるし尿を肥料に変える…「トレハナ」=トレッキングを楽しむ皆様にご協力いただく携帯トイレのし尿を肥料として再利用し栽培しています…という事だそうです。利用者はトイレでスッキリできて、花も育つという正に一石二鳥な話だったのですね!

f:id:uccari8:20171020010217j:plain

乗鞍高原に行かれる機会がありましたら是非、携帯トイレ専用トイレブースを利用してみてください。