読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワンゲル部の記録長さん

山ですぐバテちゃう記録長さんの日記

天の川を撮ってみました

山の楽しみに、星空観賞があります。特に天の川が見えるのも町の光の影響を受けない山ならではのこと。今回は、写真大好きなリーダーに色々教わり自前のカメラでも撮影してみました。

f:id:uccari8:20140802100115j:plain

当日は、新月に近い状況であったため、星もくっきり見ることができました。カメラはSONYのNEX5N。マウントアダプタにNikon向けのTAMRON18-200のレンズを付けているのでマニュアル撮影しかできません。まずピントを∞の位置に合わせ、ちょっとだけ絞りまして(どれだけ絞ったのか感覚値のためよくわからない・・)ISOは6400、ホワイトバランスはオート、時間は20秒で撮影しました。それぞれの値をちょっとずつ変えながら一番綺麗に見えるところを探しながら撮影してみました。

f:id:uccari8:20140802101102j:plain

こちらはISO12800で13秒。秒数が短いほうが星が点に近くなるのですね。よく北極星を中心に星が円を描いている写真を見ますが、あれは比較明合成とか言いましてタイマーレリーズを使って同じ位置で何十枚も決まった秒数の間撮影した写真をソフトで合成するらしいです。自分はてっきりずっとシャッターを開けっ放しにするのかと思っていました。試しに2分くらい開けっ放しにしてみたら、昼間見たいに明るくなってしまい全然期待した写真が撮れませんでした。

自分の持っているカメラでも手軽に撮影できて嬉しいですね。