読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワンゲル部の記録長さん

山ですぐバテちゃう記録長さんの日記

今シーズン最後のかぐらスキー場(2017年5月2~3日)

今年2月に急に思い立ち十数年振りに復活したスキー熱ですが、恐らくこれで今シーズン最後となるゴールデンウィークのかぐらスキー場に行ってきました。さすがに聖地なだけあって、この時期でほぼ全面滑走可です。特に今年は雪が豊富です。

今回も2月3月に引き続き苗場山五合目にある標高1,380mの和田小屋泊としました。(和田小屋は5月6日まで営業ですが、スキー場は5月28日まで営業予定です。)

f:id:uccari8:20170503205025j:plain

ここの魅力は、何といっても宿泊者特典のファーストトラックです。

とはいえ5月ですから雪質はさすがにザラメです。

f:id:uccari8:20170503205211j:plain

でも圧雪後の朝一ザラメは何ともフワッとしていてパウダーライクです。

ゴンドラが動き出す7時30分より小屋を出て第1高速リフト経由でメインゲレンデに出られます。ゴンドラ組がメインゲレンデに到着するまで目一杯かっ飛ばし、4回はファーストトラックを堪能しました。(時間的にも体力的にも4回が限界です。)

f:id:uccari8:20170503212436j:plain

綺麗に整地されたメインゲレンデ。作業に当たられた方ありがとうございます。

ただこの状態も数十分もすると荒れてしまいます。特に午後はなかなかの掘れ具合のコブ斜面となります。午後のメインゲレンデの様子です。

f:id:uccari8:20170503212926j:plain

尚、第5ロマンスリフトも午前中は動いております。自己責任で神楽ヶ峰や中尾根などに行かれる方はパトロールの方のいるゲートを越えて行きます。アバランチセット必須です。春スキーでもシール履いて何人かの方が「向こう側」へ出発して行きました。

f:id:uccari8:20170503213653j:plain

中尾根の一つ手前(ゲレンデ寄り)の尾根では既に全層雪崩が起きていました。所々クラックも入っており、これは立ち入らない方が良さそうです。

f:id:uccari8:20170503214806j:plain

反射板方面は、結構シュプールありました。

f:id:uccari8:20170503215014j:plain

さて、ゴールデンウィークの混雑具合はといいますと、

f:id:uccari8:20170503215653j:plain

かぐら第1ロマンスリフトで行列ができるほどです。当然第1高速も結構な行列ができておりました。

f:id:uccari8:20170503215900j:plain

みつまたエリアの昼頃の様子。こちらは空いていました。雪量もそこそこあります。標高が低い分、更にグズグズ雪ですが。

f:id:uccari8:20170503220240j:plain

みつまたロープウェイから見た5月3日のお昼頃のみつまたステーションの様子です。駐車場はほぼ満車状態となっておりました。

 

今シーズンは、何だかんだと滑走日数11日間。ちょっとハマる時期が遅かったので、2017-18シーズンは年内から稼働したいと思います。