読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワンゲル部の記録長さん

山ですぐバテちゃう記録長さんの日記

王道コースを行く10月の八ヶ岳(赤岳)

10月22日〜23日の土日を使って八ヶ岳の赤岳を往復してきました。赤岳は、昨年6月に真教寺尾根からキレット超えをしたとき以来です。

今回は岩場歩き初心者さんも同行という事もあり、北沢から赤岳鉱泉、行者小屋を経て地蔵尾根より赤岳山頂を目指す″王道″コースとしました。帰りは文三郎尾根より行者小屋経由、南沢で下山するコースです。

f:id:uccari8:20161025014154j:plain

金曜日は夜中に美濃戸口よりダートの道を通り赤岳山荘の有料駐車場まで車で行きました。駐車料金は1日1000円。美濃戸口よりここまで約1時間の歩行時間の節約となり、かなり楽をさせて頂きました!

翌日の土曜日は移動性高気圧が八ヶ岳付近の上空にも勢力を残してくれていた為、午前中は晴れ。午後も風が10〜15m/sほど風が吹いたものの天気は大きく崩れませんでした。ただ寒かった。最近は猪熊先生の「ヤマテン」天気予報の他、スーパーコンピュータが予測するGPV気象予報も参考に、徹底して良い天気の日を狙って登山しています。

f:id:uccari8:20161025014318j:plain

今年は残暑の影響もあってか紅葉時期が遅いそうです。この辺りは針葉樹も多く紅葉もピンポイント的です。

f:id:uccari8:20161025014536j:plain

北沢から中山乗越を経て行者小屋へ至るコースは静かな森のコースとなります。

f:id:uccari8:20161025015204j:plain

いよいよ本日の核心部、地蔵尾根に取り付きます。森林限界付近では、この時期らしいやや荒涼とした感じが素敵です。

f:id:uccari8:20161025015301j:plain

グングン高度を稼ぐに従い傾斜を増す斜面。

f:id:uccari8:20161025015725j:plain

赤岳天望荘からの最後の登り。。。目指す頂上山荘も見えます。

f:id:uccari8:20161025020219j:plain

 

翌日は、山頂から素晴らしい朝日を拝むことができました。

f:id:uccari8:20161029225719j:plain

阿弥陀岳方面。

f:id:uccari8:20161029225825j:plain

今回も素晴らしい天気の中、絶景を堪能できました。

f:id:uccari8:20161029230243j:plain

f:id:uccari8:20161029230348j:plain

下りは南沢から。苔むす感じが八ヶ岳らしく気持ちの良い山となりました。